棟上!家の形が見えてきた!(妻の建築日記)

5月23日 いよいよ棟上!

でも棟上とは一体どれくらいのことを言うのか、実はわかりませんでした。柱が建つと言っても、どれくらい建つんだろうと思っていました。

旦那さんは棟上作業を見ていたのですが、私は見ることができなかったので、どうしても見たいと思い、棟上翌日、旦那さんと夕方に現場に行きました。

前回、基礎工事のコンクリートの土台の上に木材が設置してあった所に、長い柱が要所要所に設置されて、家の枠ができていました。

1階だけではなく、2階も!
あまりの変貌にちょっとびっくりでした!


そして、家を囲むように鉄のポールで足場ができていました。
大工さんが作業するときに使っている足場ですね。


スポンサード リンク


夕方にこっそりと進入……

夕方ともあって、大工さんが居らず、またしてもこっそりと進入しました。

中に入った1階部分の第一印象は少し暗いな〜という感じでした。
日も暮れていたせいもあるんですけどね。そして、脚立を使って、2階へ。

2階は1階と違って、すご〜い開放感!

壁も屋根もないので当たり前なんですけどね。

でも、ず〜っとマンション暮らしだったので、家の中に階段があるということ事態がうれしくて♪

まだ骨組みだけなので、とても広く感じましたが、収納や壁などがこれからできると、どれくらい狭くなってしまうのかな〜と少し想像してみましたが、やっぱり今日はそんな心配よりも、基礎の土台から棟上の変貌があまりにもインパクトがありすぎて、この先のことはちょっと考えられませんでした!

■便利なサイト

全国の不動産物件を検索できるサイト
リフォーム業者を探せるサイト
不動産の売却査定ができるサイト
全国の賃貸物件を探せるサイト
不動産投資に役立つサイト


「夫婦の新築一戸建て奮闘記〜賃貸より狭小住宅を選択」のトップページ

スポンサード リンク