大黒柱が出来るまで(妻の建築日記)

5月14日、コンクリートの土台の上に木材が設置されていました。



前と雰囲気は変わっていませんでしたが、行く度に何かは必ず変わっていますね

たくさんの木材が積みあがっていて、ビニールのカバーがかかっていました。そこには、住所が明記されてあって、なんだか我が家の木材なんだなぁ〜と思わず触ってしまいました。

スポンサード リンク


家の中にこっそり入る!

それからまた中にこっそり入って(別にこっそりする必要はないんですけどね☆)いろいろと見て回りました。コンクリートの土台の上に木材が設置されているのですが、その間にゴムの板が入ってました。



固定みたいなものなのでしょうか?クッションの働きでもするのでしょうか?

ところどころコンクリートがそげていたり、少し不安なところがいくつかあったのですが、そんなに大きな問題ではないようなので安心しました。



欠陥住宅の特集などのを見ると本当に恐ろしいほどひどい状態で、自分達の家があんな風になってしまったら、どうしよう!!

となんとなく小さいことにも過剰に反応してしまいます。鈍感よりかはいいとは思うんですけどね。

■便利なサイト

全国の不動産物件を検索できるサイト
リフォーム業者を探せるサイト
不動産の売却査定ができるサイト
全国の賃貸物件を探せるサイト
不動産投資に役立つサイト


「夫婦の新築一戸建て奮闘記〜賃貸より狭小住宅を選択」のトップページ

スポンサード リンク