屋根が出来るまで(妻の建築日記)

ついに屋根が完成していました。



屋根ができれば、雨が降っても作業ができるそうです。

しかし、屋根自体をじっくり見ることは不可能なこと。屋根に上るわけにも行かないし、外から見ても、ブルーのシートで覆われていますし、いまいちちゃんと出来ているのか、わかりませんでした。

ちなみに、屋根の色はグレーにしたのですが、その色すらちゃんと確認できませんでした。

でも、現場に行くたびに、ちゃくちゃくと変化があって、楽しいです。

基礎工事の時に積み上げられていた木材もほとんど組み立てられた感じでした。

1階の床にも木材がさいの目状な感じに設置されており、素人目ですが、とても丁寧に組み立ててあるな〜と思いました。

残念ながら今回は大工さんが2階で作業をしていたため、作業の邪魔にならないように、見ずに帰りました。

スポンサード リンク


大工さんと顔合わせ!

そういえば、今日始めて大工さんと会いました。

年齢はいくつかわからないのですが、年寄りでもなく、若すぎでもなく、とても感じの良さそうな方で、ほっとしました。

今日はいったん引き上げて、夕方5時半過ぎにもう一度見に行ったのですが、まだ大工さんは働いておりました。梅雨の時期に入る前に、仕上げる勢いなのでしょうか???それとも普通の作業なんでしょうか???

2階が見れず、残念でした。

■便利なサイト

全国の不動産物件を検索できるサイト
リフォーム業者を探せるサイト
不動産の売却査定ができるサイト
全国の賃貸物件を探せるサイト
不動産投資に役立つサイト


「夫婦の新築一戸建て奮闘記〜賃貸より狭小住宅を選択」のトップページ

スポンサード リンク