新築、中古、マンション、一戸建ての選択

マイホームを購入しようと思いつつも、以下のどれにしようか、悩むと思います。そこで、ここでは管理人がどのように考えて、新築一戸建てにしたのかを紹介します。マイホームの購入の参考になれば幸いです。

・新築一戸建て
・新築マンション
・中古一戸建て
・中古マンション

スポンサード リンク


中古マンションはどうよ?

私は今、築10年くらいの賃貸のマンションに住んでいます。
見た目もよく、管理人さんもいて、清掃も行き届いているのですが、1つだけ困った問題があります。

それは、上の階が非常にうるさいことです。

小さい子供がいるようなので、ある程度は仕方がないにしても、夜中の12時でもドンドンするんですよね。というより、数人で跳ね回っている音がします(怒)

流石に困って管理会社を通じて注意してもらったら、マシになりましたが……

それでも音はします。

隣のテレビの音も聞こえてくるので、どうやら、防音効果自体が小さいようです。築10年だからなのか、もともと、防音効果が小さいマンションなのか……賃貸は、壁が薄い・防音効果が少ないといいますしね。

見た目は立派なんですけどね……

話が長くなりましたが、そういったわけで、騒音に敏感な私は「防音効果」に重きを置いています。つまり、私にとって、1.最上階、2.角部屋、3.しかも隣の人の家族構成を調べて、小さい子供がいない3点がそろっているところがベストなわけです。

でも……

そのような好条件がそろっているところってないです。
しかも、最上階って居心地がいいので、中々、売りに出されないようなんですよね。
というより、そのような条件がそろうと、下手な新築より高くなってしまいます。

中古マンションを諦めた理由1
「防音」を求めると、いい物件が少ない
または、新築並みの価格になる

「最上階は諦めるか〜」と思っていたのですが……

中古マンションには、どうしても腑に落ちない問題があります。
それは「修繕積立金」の問題です。

同じ走行距離の中古車でも、状態が違うように、同じ条件に思える中古マンションも、状態が違うはずです。売りに急いでいる人のために、値崩れを起こしているだけなのか、それとも、修繕関連で致命的な問題があって安いのか……

私には判断することができないので、中古マンションを諦めました。

中古マンションを諦めた理由2
修繕がきちんとされているか、修繕積立金がきちんと積み立てられているのかを調べるのが大変。というより私には判断できなさそうだったため

結局、この2点を気にするのなら、「新築のマンション」の方がいいんですよね。
新築のマンションだと、防音効果もありそうですし、修繕の問題も当面は関係ありませんし。
そう思って、新築マンションを探すことに……

新築マンションはどうよ?

新築マンションも探しましたが、とにかく価格が高いんですよね。
大体3000万円台でしょうか。私の希望する場所だと、4000万円台……

払えなくはないのですが、4000万円台だと、計算上、20年後に、最低2000万円台で売れないと駄目なんですよね。

マンションは売り急いでいる人のせいで値崩れを起こすこともあるので、ちょっと博打ですよね。また利息を考えると……

というより、そもそも私の関心事項は「防音」です。
新築の防音効果を超える音を出す一家に住まれると……

最上階にすればいいのですが、価格は倍増します。つまり、「防音」を追い求めている私には、マンションは向かないのかも……と思い、中古一戸建を探すことにしました。

というより、「3000万円も払うなら、中古一戸建てにすれば、広い家に出来るのでは?快適に過ごせるのでは?」と思い、中古一戸建てを探し始めたのですが……

中古一戸建てはどうよ?

中古一戸建ては、やはり、見えないところが痛んでいるかもしれないというのが怖いですね。綺麗にリフォームしてあっても、実は大黒柱がシロアリにやられていた……なんてことも。

中古物件は、マンションも一戸建ても車もそうなのですが、「運」次第のような気がします。
中古車も色々言われていますが、私が購入した車は、色が悪いだけで、ほとんど新車でしたし……

といっても、家は、車のように安くはないので、「運」に任せるのは辛いということで、「新築」か中古物件でも築浅のところを探そうと考え始めました。

新築一戸建てはどうよ?

既に建っている新築の物件は、購入後すぐに移ることもできますし、実際建っている訳ですから、家の中を見て購入を決めることができます

ただ、価格が高いんですよね。

都心に近づけば近づくほど、高くなっていきます。東京都だと、15坪で3000万円なんてザラにあります。私の予算では地方の、しかも不便な枝線になってしまいます……

また、既に家が建っているので、きちんと建てられたか、素人目でも、チェックできないんですよね。中古物件の柱だけを残して、大規模のリフォームをしただけの物件を「新築物件」と呼ぶところもあるそうなので……

心配ないと思いますし、素人がチェックしたところで、どうになることもないですが……

結局、中古マンションでも駄目、新築マンションでも駄目、中古一戸建てでも駄目、新築一戸建てでも駄目……諦めるか、何かを我慢するしかないのかな……と思っていたのですが……

結局……

中古マンションも駄目。
新築マンションも駄目。
中古一戸建ても駄目。
新築一戸建て(分譲等)も駄目。

困り果てた私は、土地を探して、そこに新築の物件を建てる方法を思いつきました。
というのも、1坪あたり50万円くらいで家が建つという話を聞いたためです。

つまり、20坪で我慢して(1000万円の建築費)、しかも、1000万円くらいの土地を探すことができれば総計2100万円くらいで新築の家が建つのではと思ってしまったのです。

土地:20坪=1000万円
建物:20坪×50万円=1000万円
手数料=100万円

早速、1000万円くらいの土地を探すことに。

すると、あるんですよね!希望の駅の近くに900万円くらいの土地が
なんてラッキーなんだーと思っていたのですが……

「土地にはお買い得品はない」

この言葉に尽きます。
安いと思ったら、それに見合うだけの欠点がありました……
まさに駄目な土地の見本のような場所でした。

つまり、以下です。

土地:20坪=1000万円→希望する地域だと、これは有り得ない!
建物:20坪×50万円=1000万円
手数料=100万円

しかも!

一戸建ては30坪より小さい建物を建てようとすると、割高になるとのことです。
つまり、坪単価が上がってしまうんですよね……

あるホームメーカーさんに電話で聞くと……建物本体だけで坪単価60万円はするとのこと。
全部込みにすると坪単価70万円近くになるとのことでした……

土地:20坪=1000万円→希望する地域だと、これは有り得ない!
建物:20坪×50万円=1000万円→坪単価70万円くらいに?
手数料=100万円

結局、2800万円以上??

つまり、土地から家を建てるのは、既に建っている新築の家を購入するより高くなってしまうのです。ということは、最上階の中古マンションを探すか、予算を超えても新築物件を探すべきなのかな……と思っていたのですが、救いの手が!

以下の条件を提案していただけました。

希望する駅にて……
土地:19坪=1250万円、中古物件の解体費用を足すと、約1300万円
建物:19坪×55万円=1045万円→この坪単価はすべて込みの価格だそうです。
手数料=150万円(杭代を含む)

つまり、総計、約2500万円で、希望する駅近くに新築の家を建てることができるのです。

イメージは以下の感じでしょうか。

狭小住宅

ちなみに、希望する駅のマンションだと、25〜30坪くらいで、4000万台からとのことです。マンションと比べても、割安ですよね。

ということで、私は、「狭い」という条件を飲む代わりに、希望する駅にて、物件を購入することにしました。しかも、予定では3年くらいで住宅ローンを完済できるので、ここに20年間住んで、売却すると……

「2500万円で購入→20年後に1000万円で売却→1500万円の損」

利息を入れても、月々7万円くらいの損で済むわけです。
新築、広さ、立地を考えると、この周辺の賃貸なら、確実に月10万円以上はします。

また、このまま一生、住むこともできるわけです。
そうすると、更にお得なわけですよね。新築なので、少なくても30年は住めるでしょうし。しかも、この土地は将来、道路になるそうなので、数十年後、国・県が割高で買い取ってくれるかも……

しかし、実際の建物が建ってからでないと、安心できません!

■便利なサイト

全国の不動産物件を検索できるサイト
リフォーム業者を探せるサイト
不動産の売却査定ができるサイト
全国の賃貸物件を探せるサイト
不動産投資に役立つサイト


「夫婦の新築一戸建て奮闘記〜賃貸より狭小住宅を選択」のトップページ

スポンサード リンク