基礎工事〜ベタ基礎、布基礎

基礎とは、文字通り、家の基礎となる部分のことです。

基礎が悪いと、どんなにしっかり家を建てても、不同沈下などを起こして、住めなくなります。なので、家のデザインや価格に誤魔化されずに、きちんと基礎についてチェックすることをお勧めします。

ここでは、基礎の種類について紹介します。

スポンサード リンク


ベタ基礎

ベタ基礎とは、地面の上に、鉄筋入りのコンクリート板を作って、その上に家を建てる基礎工事です。詳しく説明すると……

まずは、以下のように、鉄筋を作ります。




そして、コンクリートを流しこんで以下のようにします。




この基礎の上に、以下のように、家を建てていきます。



ベタ基礎は、鉄筋入りのコンクリート板の全面で、家を支えるために、台風や地震などの衝撃を地面にうまく逃すことができます。また、地面の上に、鉄筋入りのコンクリート板を乗せているわけなので、家の本体に、地面からの水蒸気や、シロアリが入るのを防ぐこともできます

軟弱な地盤の上に作られることが多い基礎ですが、最近では、主流になってきているそうです。

万能の基礎と思われているそうですが、地面の中に大きな岩があったり、軟弱な地盤と、堅い地盤の間に家が建つ場合は、ベタ基礎は向かないそうです。きちんとした地質検査を行うことが重要です。

布基礎

布基礎とは、以下のような逆T字型の基礎で、家を支える基礎工事です。木造建築だと、布基礎が一般的だそうです。




軟弱な地盤の場合は、フーチングの幅を広げるとのことです。

■便利なサイト

全国の不動産物件を検索できるサイト
リフォーム業者を探せるサイト
不動産の売却査定ができるサイト
全国の賃貸物件を探せるサイト
不動産投資に役立つサイト


「夫婦の新築一戸建て奮闘記〜賃貸より狭小住宅を選択」のトップページ

スポンサード リンク