売主、代理、媒介とは?

土地、一戸建て、マンションを売買する時、通常、手数料が、かかります

この手数料、「たかが手数料」といって馬鹿にできません。「物件に対して、××%」のように決められているだけあって、かなりの額します。
(例)一戸建てが5000万円で、手数料が3%だと、150万円

そこで、手数料のかからない売主を探すわけですが……

本当に売主だと手数料がかからないのでしょうか。その前に、基本的な売買形態について紹介します。

スポンサード リンク


売主とは?

不動産を所有している人がそのまま売主になる場合は、手数料はかかりません



わかりやすくいうと、野菜を作っている農家の人から、直接、野菜を購入するようなものです。間に何も通さないので、手数料は発生しないわけです。

代理とは?

売主が、代理で、販売をしてもらう代理契約をした場合、売主には手数料が発生しますが、通常、買う人には、手数料が発生しません。





わかりやすくいうと、売主が売ってくれる会社(代理会社)を見つけるので、手数料を払います。売ってくれる会社(代理会社)と、買主は、直接契約になるので、手数料は発生しません。

媒介とは?

売主と買主をつなぐ「媒体会社」の場合は、売主、買主共に、手数料が発生します。




あくまで、媒介会社は、売主と買主をつないでいるだけで、契約をするのは、売主と買主です。

売主、代理、媒介のどれが有利なのか?

「売主」が一番有利で、「媒介」が一番不利だと思われがちですが、そんなこと、ないですよ。

新築一戸建てを建築した不動産会社は、売主になることが多いですよね。

その場合、不動産会社が、「売主」なので、家の販売価格は、「新築一戸建ての価格」だけのはずです。でも、その販売価格に、手数料に相当する額を入れていない保証はあるのでしょうか?

つまり、通常はに、建築などにかかった原価に、利益を上乗せして販売するわけですが、この利益に、手数料に相当する価格が含まれていない保証はあるのでしょうか?

ないですよね。

つまり、以下のようなことが起きている可能性があるわけです。




……媒介、代理、売主のどれが有利ということはないと思います。

■便利なサイト

全国の不動産物件を検索できるサイト
リフォーム業者を探せるサイト
不動産の売却査定ができるサイト
全国の賃貸物件を探せるサイト
不動産投資に役立つサイト


「夫婦の新築一戸建て奮闘記〜賃貸より狭小住宅を選択」のトップページ

スポンサード リンク