建ぺい率、容積率ってなあに?

建売や分譲を購入しても、また土地から一戸建てを建てたとしても、知っておくべきことがあります。
そこで、ここでは、マイホームや投資用物件を購入する時に知っておくべき、建蔽率と容積率とは何なのかを紹介します。

スポンサード リンク


自分の土地でも何を建ててもいいわけではない!

例えば下図のような土地を購入したとします。



「庭は必要ないので、土地一杯の建物を建てよう!しかも10階建てにしよう!」なんて思っても、法律で厳しく規制されているので、思うように出来ません。自分の土地なので、何をしても良さそうなものなのですが……

建ぺい率とは?

建ぺい率とは、一言で説明すると「敷地面積に対する建築面積の割合」のことです。

例えば、左下の図のような土地を購入したとします。
この土地の建ぺい率が50%だとすると、次のようになります。

土地に対して、50%までの面積の建物しか建てることができないということです。つまり、「土地100坪×建ぺい率50%=50坪」となり、右下の図のような建物しか建てることができなくなるわけです。



つまり、建ぺい率で、土地に対する建物面積の割合を制限しているわけです。

容積率

容積率(遮蔽率)とは、敷地面積に対する建物の延べ床面積の割合のことです。例えば……

左下の図のような土地を購入したとします。この土地の建ぺい率が50%、容積率が200%だとすると……

<建ぺい率>
土地に対して、50%までの面積の建物しか建てることができないということでしたよね。
つまり、「土地100坪×建ぺい率50%=50坪」となり、右下の図のような50坪までの建物しか建てることができないわけでした。



<容積率>
容積率は200%なので、「100坪×200%=200坪」となります。

この「200坪」にはどのような意味があるのかというと……

高さ制限がなければ、容積からは、上に200坪分延ばしても大丈夫ですよという意味があります。つまり、以下のように出来るということです。



ちなみに、高さ制限のない土地なら以下のようにも出来ます。



私は専門家ではないので、正確な情報を得たい場合は市販本を購入してくださいね。

■便利なサイト

全国の不動産物件を検索できるサイト
リフォーム業者を探せるサイト
不動産の売却査定ができるサイト
全国の賃貸物件を探せるサイト
不動産投資に役立つサイト


「夫婦の新築一戸建て奮闘記〜賃貸より狭小住宅を選択」のトップページ

スポンサード リンク