土台が出来始める!

基礎が出来上がったのを見届けてから、数日後、現場を見に行くと、とんでもないことになっていました。

狭い土地に木材や仮設トイレが所狭しと並べられていたのです!




しかも、土台も出来上がっていました!




基礎だけの時は、ものすごく狭く感じましたが、土台が出来上がれば、そんなに狭くないかな〜と思えるように。

しかも、基礎の時は家とは思えなかったのですが、土台が出来始めると、段々と一戸建てらしく見えるようになってきました。

スポンサード リンク


細かく見てみる……

どのように工事がされているのか、細かいところまで見てみることにしました。

まずは、木材の至る所にあるボルト。




そして、木材の継ぎ目。




細かく見てみても、問題はないな〜と思っていたのですが、少し気になるところがありました。

気になるところ……

2箇所、以下の写真のように、コンクリートがそげているところを発見……



これは、基礎のコンクリートを覆っているコーティングのような脆い部分が崩れただけだと思います。基礎のクラックの時と同じでしょう(参照:「基礎工事が始まる!」)。

しかも、ひそかに、近所にある別の建築現場を見たのですが、同じように、多少、崩れているところがありました。ということで、問題がないでしょうね。

次に気になったのは以下です。



何が気になったのかというと、他の現場を見ると、この継ぎ目がなかった為です。まあ、これが家の構造を大きく左右するものでもなさそうなので、こちらは、あまり気にしていませんが。

つまり、大きな問題はなさそうでした。

■便利なサイト

全国の不動産物件を検索できるサイト
リフォーム業者を探せるサイト
不動産の売却査定ができるサイト
全国の賃貸物件を探せるサイト
不動産投資に役立つサイト


「夫婦の新築一戸建て奮闘記〜賃貸より狭小住宅を選択」のトップページ

スポンサード リンク